スマホを忘れた日


 
今日は友達と待ち合わせ
 
待ち合わせの12時半より20分前について

「少し早く着いたから絵でも描いていよう」

そう思いスケッチブックを出して足早に歩く人混みを描いていました
 
待ち合わせ10分前「そろそろラインに連絡来るかな?」スマホを出そうとすると・・・あれ?無い・・

今朝、充電器にさした状態の映像が頭に浮かんで、忘れたと気が付きました。

かなり焦りましたが、待ち合わせの場所にいれば着くだろうと思いじっと待っていました。
 
電車が遅れたらしく、10分遅れて友達到着、少しひやひやしたけれど無事に会えてほっとしました。
 
その後何事もなく一日が過ぎて帰宅。部屋には朝から充電しっぱなしのスマホ
 
「今日は珍しい日だったなぁ」そう思いながら開けると
 
12時7分に一通のメールが入っていて
 
その内容は別の友人が体と心の関係を書いた、自分的に感動的な内容でした。
 
読み終わった後、もしスマートフォンを持ったまま外に出ていたら忙しい移動の中で斜め読みでこのメールを見ていたのでしょう。
 
忘れたおかげで帰宅して落ち着いた状態でこのメールの感動に浸ることが出来ました。
 
「人生無駄なし」そう思いました。
 

Comments are closed.